色のイメージとエネルギーを味方にして幸せを引き寄せ☆効果的に使いたい6カラー

カラーセラピーオーラソーマ色風水カラーコーディネートカラーマネジメントなど、色が持つエネルギーは多くの分野で生かされています。

また色にはそれぞれイメージがあるもの。「赤はどんなイメージ?」「あの人は色で例えるなら青だよね」というような、色に関する会話は日常の中に溶け込んでいると言えるでしょう。

色が持つエネルギーやイメージを効果的に使うことで、幸せを引き寄せることができますよ。
味方にしたい、6つのカラーについてまとめました。

「情熱的」「エネルギッシュ」「パワフル」なイメージの赤。
積極的になりたいとき、パワーを発揮したいとき、強い味方になってくれるカラーです。多すぎると攻撃的な印象になってしまったり、疲れが大きくなったりしやすいので、注意しましょう。

下着など見えないところに取り入れたり、小物などでワンポイント使いしたりすることで、ポジティブに効果が期待できそうです。

オレンジ

ビタミンカラーとして人気のオレンジ。「元気」「明るい」「親しみやすい」といったイメージを持たれることが多く、チャレンジ精神や社交性をアピールしたいときに、使いたい色です。
万人に好印象なため、企業カラーとして使われることが多いですね。

また、緊張を和らげて、人間関係をスムーズにしてくれる効果も。気持ちを明るくしてくれる、メイクやネイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。

性別、年齢問わず、好きな色に挙げられることが多い青。濃さや色味によって感じが変わるものの、「爽やか」「クール」「冷静」といったイメージは共通しているようです。
信頼感や誠実さをアピールしたいときに、好印象を添えてくれます。

気持ちを落ち着かせたたり、集中力を高めたりしたいときにも、積極的に取り入れましょう。空や海を眺める時間を作るのも効果ありです。

「癒やし」「平和」「安心」といった、自然から派生するイメージを持つ緑。心身ともリラックスさせる力があります。
安定感や調和、バランスの良さを大事にしたいときに意識したい色です。

成長を示す効果もあるので、自分磨きを助けてくれる見方になってくれますよ。観葉植物や鉢植えなどでグリーンを身近に置くのがおすすめです。

「清潔」「ピュア」「正義」「ナチュラル」などの印象が挙げられますが、
真っ白とアイボリーではイメージが少し変わってくるのではないでしょうか。
シーンや意図によって使い分けを工夫するとよさそうですね。

また、白色が気になるときは、「リセット」「スタート」の感情が高まっているのかもしれません。上手に取り入れることで、切り替えの効果と前向きなパワーを感じることができるはずです。

ピンク

「優しさ」や「愛情」のイメージといえばピンク。心を満たし、幸福感に包まれるような気持ちにしてくれる色として女性に人気がありますね。

女性らしさ、かわいらしさをアピールしたいときの効果は抜群です。過度に使うとピンクが持つ印象が強くなりすぎるので気をつけたいところ。ちょうどいい加減、色のエネルギーのバランスを意識できると、幸せを感じる心強い味方になるでしょう。

まとめ

無数にある色の中から、身近に取り入れやすい6つの色の効果についてご紹介しました。

心の有り様と行動が、現状と未来を引き寄せます。
色は、そのものがもつエネルギーとともに、イメージによって心身に影響を与えるものですから、自分が引き寄せたいことをカラフルにイメージすることから始めてみてはいかがでしょうか。

色はあなたの人生を彩る見方になってくれますよ。効果的に取り入れ、幸せを引き寄せてくださいね。