目立つのが苦手で人と関わるのが不安な女性へ。聴くスキルで悩み解消

アドラー心理学で有名な、アルフレッド・アドラーいわく「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」とのこと。

人間関係を円滑にするためのコミュニケーションスキルを自分磨きのテーマにしている方も多いのではないでしょうか。

書店に行けば、たくさんのコミュニケーションスキルの本が並んでいます。

その中で、目立つことが苦手な女性にオススメしたいのが「聴き方」のスキル。

受け身のスキルと思われがちですが、能動的に聴くスキルを活用することもできるようですよ!

実際のところ、「聴き方」を学ぶことで、人間関係でどのような悩みが解決できるのでしょうか。

雑談の不安解消

いつ発言を求められるか分からない雑談の場。ニコニコしていても心の中は緊張で全然落ち着かない状態が、日常になっていませんか?

話の内容よりも、その場をどうやり過ごすかということを考えることで頭がいっぱいになっているかもしれませんね。目立ちたくない気持ちで緊張感が高まってしまうと、人の話をさらに聞けなくなる悪循環に…。

話の「聴き方」講座で最も大切にするのは、きちんと人の話を「聴く」こと。

実は自分が考えているほど、他人の話を聞けていないものです。 ですから、初めは「聴く」ことだけに集中しましょう。

次第に話を聴けるようになってくると、場の流れとその場に参加している人自身が見えてくるようになります。状況が分からないために起こる漠然とした不安は、だんだん無くなっていきますよ。

さらに、発言することにもあまり焦らなくなるオマケも。

上手な「聴き方」には、質問や相槌のスキルが含まれます。話が弾む場には発言への上手な「反応」も重要なのです。

よりしっかりと話を聴けるようなポジションを意識することで、雑談に落ち着いて参加できるようになるでしょう。

苦手な人との関係作りの悩み解消

怒ってばかりの人や文句ばかり言っている人、身近にいませんか?穏やかな関係を大事にしたいと思えば思うほど、苦手意識が高まってしまいがち。

でも、仕事で「苦手だから関わりません」というわけにはいきません。うまくコミュニケーションを取るために使えるのが聴くスキル!

2つのコツをおさえましょう。

1つめは、ピンポイントで必要な情報を得られるようになること。話をしっかり聴けるようになると、ほしい情報の引き出し方がうまくなります。身につけておくと幅広く役立ちますよ。

2つめは、感情と事実を分けて聴けるようになること。とてもシンプルなスキルですが、苦手な人と関わるストレスが軽減します。毎日のことであれば、得られるメリットはなお大きいはずです。 

まとめ

目立ちたくないという本心にある要素の1つには「不安」があるのではないでしょうか。 理解できないこと、知らないことは「不安」に感じて当前です。

安定した人間関係を築くためには、相手を知ることが近道。その手段としてきちんと相手の話を聴くことができるようになれば、スキルだけでなく精神的にも成長できたと言えそうですね。

人間関係にお悩みであれば、「聴き方」を学んでみることをおすすめします。