未完了を無くすだけ!無駄になっていたエネルギーを幸せの引き寄せに有効に使いましょう

「あれしなきゃと思ってたんだよね…」

「そういえば、これが途中だった…」

なんとなく面倒で後回しにしていたり、やろうと思いつつもズルズルと後回しにしていることはありませんか?やった方がいいな、やらないといけないよね、と思いながら、そのままにしているものが「未完了」です。

実はこの「未完了」は、自分が意識していないときも、エネルギーを消費しています。「未完了」をそのままにせず、しっかり完了すれば、その分だけエネルギーを有効に使うことができますよ。

今回は、エネルギーの分散を防いで幸せの引き寄せにつなげる、「未完了」の無くし方についてご紹介します。

エネルギーを使う「未完了」とは?

クイズ番組を見ていて回答を見逃してしまい、問題が頭からずっと離れない、という経験はありませんか?

「未完了」があると、「完了させたい!」という気持ちが生まれます。つまり、自分では「たいしたことないから」と放っている未完了も、頭の片隅では「完了させたいな」「終わらせないといけないな」とずっと引っかかり続けているのです。

ほんの少しずつのエネルギーに思われますが、未完了が1つでなく、2つ、3つとあれば、相応にエネルギーを使っていることになります。「未完了を完了させたい」と考えることにエネルギーを使うのはもったいないですよね。

気になることがあれば、本当にエネルギーを注ぎたいことへの集中力も落ちます。また、潜在意識の部分にも「気がかり」なこととして蓄積されていきますよ。

未完了を無くして、幸せな未来を引き寄せることにもっとエネルギーを使えるようになりましょう。

「未完了」を自覚する

大なり小なり、「未完了」は、誰もが持っています。

例えば

  • 出そうと思っている手紙が鞄に入ったまま
  • クローゼットの整理をしたいけどできていない
  • 返信しないままになっているメールや電話がある
  • 行く予定のセミナーの申し込みを先延ばししている
  • 約束の日に予定が入ったがまだ伝えていない

などがあります。

タスクの未完了もあれば、感情の未完了もあるでしょう。あなたも「したいと思いつつ、手をつけていないこと」「気になっているけれど、なんとなくそのままにしていること」に心当たりがありませんか?

意識のどこかでエネルギーを使い続けている未完了。まず、「これ未完了だよね」とはっきりと自覚することが完了への第一歩です。

「未完了」の完了と幸せの引き寄せ

未完了を自覚したら、できることはすぐに完了してしまいましょう。

一時的には面倒だったり、やりたくないことだったりするかもしれませんが、未完了のままでいるだけでもエネルギーを使っていることを思い出してください。気になっていることがあると、心は不安定な状態です。完了したときにはスッキリした気分と心の安定を手に入れられます。

さらに、心の安定は、心の余裕につながります。意識の一角を占めていた未完了が無くなった分だけ、思考にも空きスペースができているでしょう。余裕とエネルギーが両方とも手に入るので、行動のスピードが上がりますよ。

未完了を完了した達成感は心を軽くするとともに、本来やりたかったことへのブレーキを外してくれます。自由な気持ちで、好きなことや本当にやりたいこと、チャレンジしたかったことに向き合うことができるようになるのです。

ワクワクした気持ちで、毎日を過ごすことは幸せそのもの。その幸せな気持ちが、さらに幸せを引き寄せてくれるでしょう。

まとめ

未完了は、一気にではなく、日常の中で少しずつ貯まっていきます。

「いつか」「そのうち」は、エネルギーロスの元。モヤモヤしている、なんとなくエネルギーが足りないと感じたら、「未完了」を見直すタイミングかもしれません。定期的に「未完了」をピックアップする時間を作り、意識して「完了」させるように心がけましょう。

未完了を完了させるタイミングが、幸せの引き寄せをスピードアップするよい機会になるのではないでしょうか。マイペースに習慣化できるのが理想的ですね。