幸せを引き寄せる自分磨き。始める前の準備2ステップ

「幸せ」は人によって違うもの。同じ状況であってもそれを幸せと感じるかどうかは人それぞれです。

幸せを引き寄せたいと思うなら、まずは、自分にとっての「幸せ」とはどのようなものかをはっきりさせることが必要ですよね。

自分磨きを始める前に準備しておきたいことを2ステップにまとめました。

幸せの地図を作りましょう!

幸せは感じるものですから、言葉にしようとすると感覚的な表現になりがちです。

好きな人と一緒にいられたら幸せ」

「お金がたくさんあって豊かであれば幸せ」

「のんびり自由な時間があれば幸せ」

うんうん、そうだよね~♡と思ってしまいますが、これでは具体的とはいえません。引き寄せは、引き寄せたいことが具体的であるほど効果が高いと言われています。

「そうはいっても幸せをもっと具体的にいうってよく分からない……」という方に、オススメの方法がありますよ!

それは、マインドマップ型の「幸せ」連想ゲームです。

やりかたは、とっても簡単!

ノートや画用紙など手書きができる大きめの紙を準備しましょう。最初に、紙の中心に「幸せ」と書きます。その「幸せ」に線をつなぎながら、放射線状に連想する言葉をひたすら挙げていくだけです。

コツは、何も制限をかけないこと。

「私らしくないかも」「できなさそう」「現実的じゃない」などはまったく気にしないで、思いつくままに書きましょう。

連想しているうちに「なんでこんな言葉が出てきたんだろう?」と不思議になることがあるかもしれません。そんなときも消してしまわず、そのまま進めてください。

自分の内側から出てきた言葉は大切に。時間が経ってからその言葉の価値に気がついたり、意味が浮かんできたりする可能性もありますよ。

完成したら、紙から少し離れて、全体を俯瞰的に見てみましょう。これで、自分の幸せにつながる地図の完成です!

幸せの感度を上げて、受け入れる準備をする

マインドマップで、自分にとっての「幸せ」が見えたら、その幸せを感じる準備をしましょう。

自分磨きをして「幸せ」を引き寄せたとしても、それに気がつかずスルーしてしまったらもったいないですよね。

幸せの感度を上げるには、3つのポイントがあります。

1 心身ともに健康でいる

健康は、幸せの基礎。元気がなければネガティブになりやすいですし、余裕もなくなります。まずは心身ともに健康が一番です。

2 小さな幸せを書き留めて、アンテナを張る習慣をつける

小さな幸せにも意識が向くようにするのは練習が必要です。「幸せだな」と思ったらメモを取りましょう。次第にメモしなくても、小さな幸せにも反応できるようになってきますよ。

3 「ありがとう」を声に出して言う

「ありがとう」は、言う方も言われる方も幸せになる魔法の言葉です。積極的に声に出して伝えるようにしましょう。言葉としてアウトプットすることで、幸せの感度が高まることにもつながります。

まとめ

自分磨きで幸せを引き寄せたいと思ったら、始める前に、自分の幸せをはっきりさせること、幸せの感度を上げることをオススメします。

幸せの要素がつまったマインドマップは、見る度にその要素を自分で何度も確認ができますね。その結果、頭に幸せの要素がしっかり入った状態になります。

その状態で自分磨きを始めると、幸せを意識しやすくなります。幸せ感度も上がっていれば、さらに幸せを感じやすくなるでしょう。そうすると、次々と幸せが幸せを引き寄せてきます。

どんなことも事前の準備が重要です。ぜひ試してみてくださいね。