外見より中身といっても…見た目に自信が持てない女子の自分磨き

外見より中身が大事!…とはいっても、女性にとって「見た目」は気になるものです。

内面的な成長を目指すのとは別に、
可愛くなりたい
綺麗になりたい

と、外見に自信を持ちたい気持ちも、自然ではないでしょうか。

外見か中身か…自分の見た目が気になっている女性が、自分磨きで魅力をアップし、自信を持つにはどうしたらよいか3つのポイントをご紹介します。

「見た目」に好きなところを作る

ダイエット、スキンケア、ネイル、メイク…
ファッションセンス、ヘアアレンジ、姿勢や立ち居振る舞い…

一言で「外見」といっても、見た目を構成する要素はたくさんあります。

外見に自信が無いと感じている方は、自分の見た目の中でも、好きではない箇所に目が向いているはず。「あなたが、自分の見た目で好きなところは?」と聞かれたら、どこが浮かぶでしょうか。

他人に自慢できるところや褒められるところ、ではありません。他人の評価基準ではなく、自分自身が好きだと思えるところを見つけましょう。

そして、その好きなところに少しだけ手をかけて大事にすることから外見磨きを始めるのがオススメです。手をかけるほど、あなたのチャームポイントは輝き、さらに大事に思えてきますよ。

熱中できるものを見つける

外見は、いつも目に触れるものです。意識しようとしなくても目に触れるからこそ、つい他人と自分を比べてしまいやすいのかもしれません。

例えば、
専門性の高い資格を持っていたり、
外国語がペラペラだったり、
という内面的なものは、聞かない限りぱっと見には分かりませんね。

他人と比べてしまう…という方にオススメしたいのが、心から熱中できるものを見つけること。

いったん始めると時間も忘れて集中してしまうものは、人生を豊かに過ごせる最高のスパイスであり、自分磨きの場。趣味でも、大好きなペットとの時間でも、良いのです。

何にも代えがたい時間の過ごし方を持っていると、他人と比較することがナンセンスだと感じるようになりますよ。

自分のことをもっと知る

あなたはどういうときに自信を感じますか?外見にしろ、内面にしろ、自信を持つためには、自分のことを知っていることが重要です。

「自分磨き」は、
・自分のことが分かっている
・自分がどうなりたいか分かっている
ことで、磨き方が考えられますし、磨きがいも出ます。

見た目に自信が無い…と思っていても、本当は内面により多くのコンプレックスを感じていることがあるかもしれません。

見た目は、内面の影響を強く受けます。外見と中身は、完全に切り離せるものではないですから。生き方や性格が顔に出る、とよくいいますよね。

自分のことにもっと意識を向けましょう。そして、自信を持つための「大元」を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

容姿や見た目に自信が持てないと、心が暗くなりがちです。

外見を磨く努力を楽しいと思えるなら、自分に合ったものを取り入れることで、気持ちが晴れやかになるでしょう。

でも、見た目を変えることだけが自信につなげる唯一の道ということもありません。自分の内側の声を聞いて、自分磨きにつなげてみてくださいね。