自分磨きも資格取得も学び方が大事!成長をスピードアップさせる「感覚」の生かし方3タイプ

自分磨きも資格取得も、自分が得意なスタイルで学ぶことで、成長のスピードはぐんとアップします。一方で、苦手な学び方をしていると、なかなか勉強が進まないために成果がでないので、モチベーションもだんだん下がりがちに…。

もし、「興味があって勉強を始めたのにあんまり成長できている感じがしない」「もっと早く上手くなる方法を知りたい!」と思っているなら、学び方のスタイルを見直してみませんか?

学び方のスタイルは、過去の勉強方法を振り返ってみると分かりやすいですよ。
・テキストを読む
・問題を解く。問題数をこなす
・質問して解き方を聞く
・表にまとめる。図にする

など。よく使っている方法や続けやすいやり方がありませんか?

得意な学び方のスタイルは、自分にとって生かしやすい「優位感覚」が影響しているといわれています。
さっそく、優位感覚を生かした3タイプの学び方についてご紹介しましょう。

目で見て学ぶのが得意な「視覚」タイプ

「視覚」が優位な方は、物事を絵や図で理解するのが得意。イラストにしたり一覧表にまとめたりすることで、目で見て覚えやすい工夫が効果的なようです。

覚えたい内容に色のイメージをつけたり、場所や人物をつなげて情景として思い浮かびやすくするのも良さそうですね。

スケジュールや進捗の状況、できるようになったこと、課題なども、目に見える形にしておくとモチベーションが上がりやすいでしょう。

耳で聞いて学ぶのが得意な「聴覚」タイプ

人の話を聞いて学ぶのが好きな方、音の変化を感じて情報を得るのが得意な方は、「聴覚」が優位。
講義や音声セミナーなど、音から情報を入れる学び方はピッタリです!

また、自分自身も声を出して勉強すれば、アウトプットをしながらインプットもできます。
音読したり歌ったり、誰かと一緒に話し合いをしながら勉強をしたりすると楽しみながらできそうですね。

ただし、集中したいときは静かな環境を整えるようにしましょう。

まずはトライ!「身体感覚」タイプ

よく分からなくても、まずやってみるタイプは「身体感覚」が優位。
覚えたい内容を指でなぞったり、問題を解いたり、ロールプレイングなども学びやすいでしょう。

身体を動かした方が頭に入りやすいので、実践を重視するのがオススメです。

大人数で一方的に講義を受けるような形態よりも、一人でマイペースに学ぶ方が取り組みやすいかもしれません。スキルアップの時間と仲間と共有する時間を分けるなど工夫しましょう。

まとめ

自分磨きも資格取得も、成長していくこと、自分が良い方向に変わっていくのが醍醐味。さらに成果がでるのはうれしいものです。

もしも、勉強しているけどどうも上手くいかない…と思ったら、学び方に自分の優位感覚を生かせているか確認してみると、ヒントが得られるかもしれませんよ。

優位感覚が1つとは限りませんから、感覚を生かした学び方を組み合わせて、効果的なオリジナルの勉強法を見つけてくださいね。