理想はあるけどやる気が出ない…憧れに向けて一歩踏み出すためにすべきこと

海外に行って英語で自由に会話したい
ハンドメイド作家になりたい
ゆったりした優雅な生活をしたい
ダイエットして綺麗になったと言われたい

あなたはどんな理想がありますか?
自分がなりたい姿、成し遂げたいことに対する憧れは、前向きに自分磨きしたくなるモチベーションになることもあれば、胸が苦しくなるほどうらやましくなることもあるでしょう。

一方で、理想はあるけれど、それを叶えるための努力ができるかというとやる気が出ない、なぜか憧れに向けて何か始めるモチベーションがわかない…という悩みもあるようです。

そこで、今回は理想の自分、憧れの毎日に向けて一歩を踏み出せない方に、ぜひ試していただきたいことをご紹介します。

自分の気持ちに素直になる

自分が叶えたいことや達成したい目標への熱量を図る質問に「あなたはどれだけの時間、そのことを考えていますか?」があります。

自分が理想としていることをいつも考えていて「どうやったらこんな風になれるかな」とアンテナを張っていれば、ささいなチャンスも見落とすこと無くつかめるでしょう。

分かりやすいのは、恋愛です。幸せな状態を理想としている恋愛中に、わざわざ「よし!今から好きな人のことを考えよう!」と決めなくても、いつの間にか今日一日にあったことを思い出していたり、これからの未来のことを想像したりしませんか?

世間体や将来性といった頭で考えた「理想」や「憧れ」だと、なかなかモチベーションを保ち続けるのは難しいかもしれません。

あなたがいつも考えていること、こうだったらいいなという本音を素直に認めることは、自分が望む理想への一歩目といえるでしょう。

手に入れたいものの「本質」を明らかにする

「海外に行って英語で自由に会話したい」という同じ理想を持っていたとしても、その理想の背景は、人によって違うものです。

「語学力(専門スキル)を身に付けて、海外でも商談ができるようになりたい」と仕事での活躍を考える人もいれば、「現地の人と英語でコミュニケーションを取って海外旅行をもっと楽しみたい」と、プライベートの充実をイメージする人もいるでしょう。

さらに理想を突き詰めて考えていくと、
「デザインを勉強したら、経験を生かしつつ専門性の高い仕事ができるかも」
「留学とかワーキングホリデーなら、勉強にもなりそう」
「英語が話せなくても、海外旅行を気軽に楽しめる方法を知りたい!」
のように、自分が手に入れたい本質的な価値観やあり方が見えてきます。

やる気が出ないのは、あなたが本音で大事にしたいことや手に入れたい生活、なりたい自分と、理想の「本質」がずれているのかもしれませんよ。

もちろん、自分の求めていることと全く関係が無ければ、「理想」として思い浮かぶことは少ないはず。ですから、どこかに惹かれるエッセンスがあるのです。

理想を通して得たいと思っていたことも、他の道や手段を選らんでも叶うかもしれませんね。

インプットを増やしてイメージを鮮明に

憧れつつも行動を起こす気になれないのは、どう行動したらいいのか分からない以前に、理想自体が漠然としているのが理由だったりします。

今の自分の考え方やあり方から理想までの距離があまりに離れていると、現実感が持ちづらいというのもあるでしょう。その状態で「アウトプット」を目指すのは難しいですよね。

理想や憧れをより具体的にイメージするために、まずはインプットを増やすことから。関連する本を読む、ネットで検索をする、関係する映画を見る、理想を叶えている人の話を聞く、なんでもOKです。

夢を叶えるには行動が必要、というとハードルが高そうに聞こえますが、特別なことを始めるだけが「行動」ではありません。

自分の思いを大事にして、実際の行動につなげることに意味があります。その小さな行動の積み重ねが、理想や憧れをより鮮明にし、チャンスを引き寄せてくれますよ。

まとめ

理想や憧れの気持ちはあるのに行動する気が起きない、モチベーションが続かないのは、
本当に求めていることとズレているか、行動する前のエンジンが暖まっていない状態なだけではないでしょうか。

今の自分に焦ることはありませんし、自己嫌悪することもありません。

あなたらしく理想の自分、憧れの毎日に向けて一歩を踏み出してくださいね。