思い通りにいかないときやうまくいかずに悩んでいるときは、自分の思い込みに気付くチャンス!

「最近うまくいかないなぁ…」
「なんだか思ったように進んでない気がする…」

そういう時ってありますよね。

なかなか思い通りに進まないときは、不安になったりイライラしたり気持ちが落ち着かず、モヤモヤで心がいっぱいになってしまいがち。
でも実は、人生の大きな流れの中で、大事なことを見直すタイミングかもしれませんよ。

『思考が現実を作る』
その原理原則からいうと…今の思い通りにいかない現実は、自分の思考が作り出したことだということです。

では、思い通りにいく現実を手に入れるために、思い込みに気付き、手放す方法をご紹介します。

思い込みとは?

そもそも、思い込みとは何だと思いますか?

それは自分にとって「当たり前」のことです
「普通」と思っている自分なりの基準、
「これはこういうもの」「これがこうなるわけがない」という固定観念、
など、自分にとって当たり前になっていること。

ですから、普段通りに過ごしている中で「当たり前」を自覚しようとするのは難しいといわれます。
なぜなら、何かきっかけがないと、自分の思い込みを疑わないからです。

その「きっかけ」こそが、あなたが「うまくいかないなぁ」という感じている今この現実。だから、うまくいかないときは、思い込みに気付き、思考を変えるチャンスと考えることができます。

思い込みを外すには?

思い込みを外すというと、考え方を変えないと!と構えてしまいそうですが、実は、最も重要なことは「気付く」こと。

ぱっと見ただけでは、人や動物の形が隠れているとは分からない絵でも、一度そう見えてしまえば、もうその形にしか見えないように、思い込みは気が付いた瞬間にクリアになります。

「こういう思い込みがあったんだ」と認知できた瞬間、自分を客観的にみることができるようになり、いらない思考は冷静に手放すことができるでしょう。

ただ、思い込みは1つだけということはありません。思考は複雑に絡み合っているものです。

また、人によっては、何度も同じ「うまくいかないこと」が起きるなど、気付いたとしても認知しにくい思い込みもあるのかもしれませんね。
自分の一部となっている思い込みを一つずつ見つめ、クリアにしていきましょう。

まとめ

思い込みを手放すことの重要性はよく注目されますが、「手放す」ことに固執すると、手放せない現実に悩むことになります。

こういう思い込みがこの現実を作ったのかも…と、無理に理由付けする必要はありませんし、自分を責めたり、落ち込んだりすることもありません。

うまくいかないときは、とことん自分と向き合い、自分を大事にする。それだけで現実が変わっていくことを楽しんでみてはいかがでしょうか。