幸せになるには「今一番したいことをする」。したいことの見極め方と実践手順

幸せになりたいなら、自分がしたいことをしましょう!
成功のコツは自分が本気でしたいことをすることです。

と、よく言われています。

確かに「自分がしたいことをする」を貫けるなら、
モチベーションも高いですし、したくてしていることですし、
間違いなく、幸せですよね。

でも、実際のところ、今一番したいことができるかと聞かれると、
「無理なんだけど…」「できないと思う…」
という本音が出てきそうになりませんか?

自分がしたいことをするスタンスに憧れつつも、
難しいと感じる理由の1つに、
「今一番したいことをする」方法が分からない…

というのがあるようです。

そこで、「今一番したいことをする」を実践する手順をご紹介します。

そもそも…自分がしたいことをしていればいいの?

自分がしたいことをしていれば、そのときは楽しいですよね。
でも将来のことを考えたら、
「自分がしたいことをしていればいいの?」と疑問に思いませんか?

「今一番したいことをしましょう」という考え方は、
その場限りの一時的な幸せを重視しているように見えるかもしれませんが、
そうではありません。

未来は「今」の連続です。
ですから、「今」の幸せを大事にすることで、
幸せな未来がそのまま自然に引き寄せられてきます。

ただ、中には、
「今一番したいことをしているけど思うように幸せになってない」
「したいことをしているけど成功なんて感じない」
とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

重要なのは
「今一番したいことをする」の本当の意味を理解し、
正しく実践することです。

①本当にしたいことなのかどうか見極める
②「今一番したいことをする」手順を知る

これからご紹介する、上記の2つのポイントをおさえましょう!

本当にしたいことかどうかの見極め方は?

「本当にしたいかどうか」の見極め方はとてもシンプルです。

それは
どんな結果になっても後悔しないか?
ということ。

例えば、今一番したいと思ったことをしてみたら、
仕事を辞めた(今は無職)。
引っ越しをした(貯金が無くなった)。
海外旅行に行った(トラブルに巻き込まれた)
副業を始めた(思ったほど稼げない)

など、想像していたような良い結果ではない可能性もあります。

それでも、後悔が無ければいいのです。
「自分がしたいとをした結果だから」と納得できていることが重要。

もしも、後から「やらなければ良かった」と後悔するなら、
本当にしたいことではなかったということでしょう。

逆の表現をすると、本当にしたいことは、
「どうすれば、後悔が無いか?」を考えることです。

それは未来のリスクを考えることでは無く、
今、後悔のない選択をして一番幸せに過ごすということ。

病気になったある女性が、
「あの日、天ぷらそばを食べておけば良かった」
と後悔しているという話をしてくれました。
まさか病気で食べられなくなるとは思っていなかったと。

小さな選択ですが、今の自分の気持ちを大事にすること、
したいと感じることを1つ1つ叶えることが
未来の幸福度につながっている
と感じられるのではないでしょうか。

「今一番したいことをする」には?

では、実際に「一番したいことをする」にはどうしたらいいのでしょうか?

実践するときの手順は次の通りです。

1 「今、一番したいこと」を考えます。
「分かる」「できる」なら、しましょう。
「分からない」「できない・無理」なら止めましょう。→2へ

2 次に「今、一番したいこと」を考えます。
実質2番目にしたいことですね。
ですが、あなたにとっては今一番に繰り上げです。

「分かる」「できる」なら、しましょう。
「分からない」「できない・無理」なら止めましょう。
→繰り返し:「今、一番したいこと」を考えます。

今一番したいことが「フランスに旅行に行きたい」でも、
何から準備していいか分からなくてできないかもしれませんし、
休みやお金の都合、家庭の事情によって無理のこともあるでしょう。

それはそれでいいのです。
今の自分が一番したいことを繰り返し挙げていきます。

旅行代理店に予約に行きたいけど、まだ無理…
それなら次は?
今一番したいことを順にどんどん挙げていきましょう。
フランス語で小説を読みたい…(無理)
フランス映画を見たい…(よく分からない)
海外旅行に詳しい友達相談したい…(都合がつかない)
雰囲気のいいカフェに行く…(できる)

出てきた答えは、すべて、あなたが今したいと思っていることです。
分からないことはしなくてOK。無理なこともしなくてOK。
「雰囲気のいいカフェに行く」ができると思うなら、行きましょう!

これが、今一番したいことをする、ということです。
カフェで「あ~幸せ♡」と充実したひとときをお過ごしください。

まとめ

「今一番したいことをする」を実践したくて、
手順通りに、「今一番したいこと」について考えてみたら
意外としたいことをしていた…ということもあるようです。

今の幸せに気が付くきっかけになったなら、それも素晴らしいですね。

未来のために何をしたら良いか、どうすべきか考えることもありです。
でも、そのために苦しむ必要はありませんよ。

今一番したいことで気持ちを満たすことから始めましょう。