季節や旬を感じながら日々を豊かに過ごす4つのヒント

日本の四季は、素晴らしい魅力に満ちています。
道ばたでふと見かけた草花や風の匂い、日の沈む時間、日差しの強さなど、ふとした瞬間に季節を感じ、時の移ろいを体感した経験はありませんか?

季節や旬を感じながら過ごすことで、毎日が彩り豊かなものになります。
五感をフル稼働させることで、自然と感度が良くなり、ますます感性が磨かれていくことでしょう。

いつもの日常に取り入れたい、季節や旬を楽しむ4つのヒントをご紹介します。

旬の味覚を味わう

季節の楽しみ方として、とても身近な「旬の味覚」。
旬の食材は栄養価が高いですし、何よりおいしさが違います。

旬の味覚を他の人と一緒に楽しむことで、いつもの食事も思い出の一つとして鮮やかさを増すでしょう。季節感への思いを共有するのがポイントです。

また、食べるだけでなく、自分で育ててみるのもいいですね。
家庭菜園のように、趣味と実益を兼ねるという方法もあります。

自分で成長を見守った分、時間の流れと旬を楽しむことができるでしょう。

季節の植物を愛でる

春のお花見は定番です。満開の桜は本当に見事で見ていると心がときめきます。秋の紅葉狩りも人気。紅葉も惹かれるものがありますね。

お花見や紅葉狩りは有名な観光名所が全国各地にたくさんあり、季節を代表する特別な機会になっているとも言えそうです。

そんな特別な機会に植物を愛でるのも良いですが、加えて、毎日の生活の中に花やグリーンを取り入れることをオススメします。

植物は世話が必要です。花を飾ることやグリーンを手入れすることは、手間や愛情をかける心の余裕があることとつながります。
豊かさを感じたいときこそ、植物を日常に取り入れることから始めてみませんか?

行事を大切にする

日本では、昔々から季節ごとの歳時・年中行事が大切にされてきました。
商業的な側面が目立ち、イベントとしての印象が強い行事も、文化的な背景などを探ってみると、実に奥深いものがあります。

季節を感じるという点で、「暦」を意識するのもよいでしょう。
立春・立夏・立秋・立冬の四節分などを学ぶことで、行事の意味や古来の季節感も楽しむことができます。

行事を通じて、季節とともに日本の心も味わえるようになりたいですね。

季節を感じる場所へ行く

旅行は、人気のシーズンと場所が結びついています。

観光名所のおすすめ時期だったり、季節のレジャーだったり、その土地の魅力をたくさん感じられるよう、旅行の時期を検討項目の1つに入れることはよくあるのではないでしょうか。

では、旅行ではなく、もっと身近なところで、季節を感じる場所は思いつきませんか?
近所の公園、神社、海や川など、もしかしたら子どもの頃はよく行っていたかもしれませんね。

「よく知ってる場所だからわざわざ行かなくても…」と思うならもったいない!
大事なのは五感で季節を味わうことです。

その場所に行き感じることで得られる「旬」が、心を満たしてくれますよ。

まとめ

季節を味わい、旬を楽しむことは、日常とともに、感性を豊かにすることにつながります。

「毎日がなんとなく過ぎている気がする」「心にもう少し、潤いや余裕が欲しい」という方は、四季を感じる工夫を取り入れることで、毎日を生き生き過ごせることを実感できるのではないでしょうか。

無理に特別なことをしなくても、少し意識するだけで、これまでよりも四季を感じることができるようになります。

自分のライフスタイルに合わせて、日々に彩りを加えてみてくださいね。