和の習い事で凜とした美しさを。大人の女性におすすめ7選

女性の凜とした美しさは、落ち着いた立ち居振る舞いや身のこなしに現れます。
和の習い事は、そんな所作の美しさを磨くのにピッタリ。ステキな女性として年齢を重ねていくためにも、身に付けておきたいですよね。

また、和の習い事の魅力に、内面が磨かれる点もあるでしょう。
奥ゆかしい上品さを身に付け、相手への心配りを学び、日本文化ならではの感性を高めることによって、内面的な余裕が感じられるようになりそうです。

大人の女性にぜひおすすめしたい、和の習い事をご紹介します。

着物・着付け

和の習い事といえば、やっぱり着物を着ることの憧れが真っ先に浮かぶのではないでしょうか。洋装よりも改まった印象が美しさを際立たせ、目を惹きます。

着付けの方法はもちろん、着物についての知識を学ぶことで日本の文化についての知識を深められるのも良いですね。さらに、着物での所作を身に付けることで、女性らしい魅力を高めることにつながりそうです。

茶道

和の習い事のなかでも、人気が高い茶道。ただ、「作法を覚えるのが大変そう」 「お点前が難しそう…」 という印象を持たれることも少なくないようです。

ですが、茶道は方法や手順だけを学ぶものではなく、本質的には「おもてなしの心そのもの」だと言われます。「わび・さび」という日本独自の美意識を感じるなかで、精神を高めていきたい方におすすめのお稽古です。

華道

茶道と同じく人気が高い華道。流派がたくさんありますので、始めるにあたってはよく調べてみるとよいでしょう。華道とフラワーアレンジメントの違いもチェックしてみるとよいかもしれませんね。

華道には、花そのものだけではなく空間や場すべてを含めて表現するもの、余分なところをそぎ落とす「引き算の美学」という考え方があるようです。華道を通して自分の生き方やあり方のヒントを見つけてはいかがでしょうか。

盆栽・苔玉

若い女性にじわじわ人気が高まっているのが、盆栽や苔玉。インテリアとしても育てやすい観葉植物に比べて手がかかる分、特に愛情がわくのが人気の理由になっているのだとか。

実がなるものやきれいな花が咲くもの、ミニチュアサイズのものなど、種類も豊富なので、興味があるものから始めてみるとよいでしょう。かわいらしい見た目に心が癒される趣味になりそうです。

書道

字が美しい人はどこでも一目置かれます。書道を学ぶことによって身につく美しい文字は、実用的なスキルとしても一生ものの財産です。

また、書道の魅力として「集中」「没頭」できる時間そのものが挙げられます。心を落ち着けて、精神を集中し、無心で作業する心地よさを感じることができるでしょう。

和楽器

琴、三味線、和太鼓、笛など、多様な和楽器があります。伝統的な楽器の独特の音色に心引かれると、「自分で演奏できるようになりたい!」と自然に興味がわいてくるのではないでしょうか。

楽器はある程度演奏できるようになるまでに基礎が必要です。好きな音楽のジャンル、初心者のはじめやすさなど、続けることを意識して選ぶことをおすすめします。

和裁

他の人とはちょっと違う趣味を持ってみたいということなら、和裁はいかがでしょうか。和裁の基本は、すべて手縫い。ハンドメイドを趣味としている方が多い中でも、和裁は奥深い魅力があるようです。

家で眠っていた着物を縫い直したり、オリジナル浴衣を縫ってみたり、自分の着物に合う手提げや小物を作ったりと幅広く楽しみが見つかるでしょう。

まとめ

和の習い事は、単にスキルを高めるだけではなく、本質的な自分磨きにつながるものが多いようです。習い事それぞれに、違った面白さがあります。

これまで関わったことが無いからと遠慮してしまうのはもったいないですよ。初心者向けのクラスも多いですから、素直に自分の好奇心を育ててみてはいかがでしょうか。

大人になってから始めたからこそ感じることができる、奥深さもあるでしょうし、年齢を重ねるごとに違った魅力に気がつけるかもしれませんね。

続けることで自然に身についた凜とした美しさは、自信につながるのではないでしょうか。あなたも和の習い事を始めてみませんんか?